旭ビルト工業のSLC工法

SLC工法は、天井面主要構成部材重量が平米2kg以下を実現した超軽量天井です。

国交省告示771号により、地震災害時の天井崩落による甚大な被害が想定される天井面積200㎡以上、天井高さ6メートル以上、天井面重量が平米2kg以上に当てはまる天井を特定天井と言い、新耐震基準を満たした天井の設置義務があります。

天井面重量が平米2kg以下であれば、万が一落下しても重大な災害には至らないという観点から、新耐震基準の制約を受けずに天井の設置が可能になります。

これを踏まえ、天井面重量平米2kg以下を求めて、構成部材を単に軽くし 、天井に求められる性能を度外視した物や、強度や意匠を犠牲にした製品も見受けられます。

しかし、弊社の開発した SLC工法は 平米2㎏以下であっても、天井に必要な性能を保ちながら、壊れにくく落ちにくい高い耐久性・耐震性能を持ち合わせた超軽量天井です。

​バレーボール衝突実験

バレーボール衝突実験では、2m直下からバレーボール公式5号球を初速70kmで衝突させて耐えることができています。

これは、一般的な小中学校の体育館の天井高さを9mとした場合で、初速105kmで放たれたボールが天井板に衝突しても壊れなかったことになります。

SLC工法の種類

​SLC工法(吊り天井)

 天井板を軽量で柔らかく、吸音性、断熱性、に優れたグラスルール化粧板を使用しています。

メインTバーの上部とクロスTバーの下部を、それぞれ切り欠き交差させて、1000mm×1500mm、900mm×1800mm、900mm×900mmの3タイプのグリットを選択することができ、SPクリップにて確実に固定します。 

 

この工夫により部材点数を大幅に削減して2.0kg/㎡以下を可能にしました。 

 

メイン、クロスそれぞれのTバーが長いまま構成されるため地震時にゆがみづらく、また、天井板を全周接着固定することで、想定外の大地震でも壊れにくく、万一壊れてもバラバラになって落下してくる可能性は非常に低い構造になっております。 

​SLC工法(直付)

SLC工法のTBハンガーをTBクリップに変更することにより、既設の母屋や構造梁等に直接ブラケットなどで設置したC-100x50x20等のC型鋼に取付設置可能です。

吊り天井に該当しないので、特定天井とならず、形状が複雑なホールの天井や急勾配の部位への天井設置が可能となります。

 

​なお、特定天井を除外される為、高密度の天井板や厚さ50㎜のグラスウールパネルも使用できるので、従来よりも防音性、断熱性を高める施工も可能になります。

​SLC-FH工法

映画館など、天井フレームの意匠性が気になる建物では、フレームが見えないSLC-FH工法をおすすめ致します。

ガイド付きATパネルに、新形状のメインバーを嵌合させることにより、組付け後にフレームが見えない構造を確立いたしました。

 

​耐震実験においても、下地破損、部材歪み、脱落などは一切なく他のSLC工法同様に耐震性も兼ね備えております。

​資料ダウンロード

bana_234_60_01.jpg

​メール・郵送のご対応も可能です!

お電話・お問合せフォームにて申しつけ下さい。

​SLC工法施工実績

旭ビルト工業のATS工法

ATS工法はアルミ押出形材を格子状に配置して交互にネジ留めし、その中にグラスウール化粧板をはめ込む形式の天井です。

​ATS工法の特徴は天井構成部材などの単位満席重量が比較的小さいため、耐震上要求される斜め部材の間隔を大きく配置することが可能です。

天井単位質量は在来工法の半分以下で高剛性の耐震工法です。

国土交通省告示711特定天井技術基準に対して、仕様ルートにて対応可能となります。

ATS工法の種類

ATS工法の特徴を動画で説明

ATS工法 耐震実験

​ATS工法(吊り天井)

天井板は軽量で柔らかく、吸音性、断熱性、に優れたグラスウール化粧板を使用しています。


ATSメインバーとATSクロスバーは背側が広い形状にし、直接嵌合させて両側を2軸でビス固定することで、歪みに対しても強固な作りとなっています。
 

グリットの内側にも天井板浮き上がり防止Wバーを増設配置し、ATSクロスバーとビス固定することで、バレーボール等に対する衝撃に耐え、ATSクロスバーの脱落を防止します。
 

全ての部材を直接ビス固定し、グリットの両剛性を飛躍的に強固にしています。
 

​ATS工法(直付)

ATS工法のATSハンガーをATS直付クリップに変更することにより、既設の屋根母屋や構造梁などに直接ブラケットなどで設置したC-100x50x20等のC型鋼に取付設置が可能です。

 

野縁受けより下の構造はATS工法と同じなので、ボールなどの衝撃にも強く、また菱形や扇形など複雑なグリッド計上への対応も可能です。
 

​■ATS工法のしくみ■

​■ATS工法 耐震実験の様子■

​資料ダウンロード

bana_234_60_01.jpg

​メール・郵送のご対応も可能です!

お電話・お問合せフォームにて申しつけ下さい。

​ATS工法施工実績

ルクサロン300Cスイム

軽量で耐腐食性に優れたカラーアルミ製パンチングメタルをロールフォーミング成形し、フッ素フィルムに包んだグラスウールを乗せることで、在来工法の3分の1以下と軽量で断熱性、吸音性に優れ、新耐震ATS工法の部材を組み合わせる事で耐震性にも優れた、今までにない画期的な温水プールに対応可能な耐震天井工法です。

ABKロゴマーク.png

​旭ビルト工業株式会社

■本社​

〒144-0052

​東京都大田区蒲田4-32-8

TEL:03-6715-9994

​FAX:03-6715-9995 / 03-6715-9996

■大阪営業所

〒664-0851

​兵庫県伊丹市中央1-5-14 正樹ビル201

TEL:072-785-6662

​FAX:072-785-1261

Copyright ©2019 旭ビルト工業 All Rights Reserved.